2015年11月22日

オポハニちゃん作ってみた♪

ごきげんようで、ございます(*´▽`*)ノ


オポハニちゃんの基本! ☆ しばシマイ です。


はじめましてのかた、

いつも、来ていただいている皆さま

今日もお立ち寄りありがとうございます<(_ _)>


今日は先日作った、ミニフューズビーズの立体、オポハニちゃんの作り方の
解説をしてみたいと思います。

誰にでも、作れちゃいますので、ぜひ、ミニフューズビーズで作ってみてくださいませ(*´▽`*)ノ


紅音屋本舗https://twitter.com/akn_box)の描かれたオポハニちゃんがとっても、かわいらしかったので、
遊ばせていただきました〜(*´▽`*)ノ
 紅音屋さんありがとうございます〜(*´▽`*)ノ オポナカちゃんhttps://twitter.com/OPONAKAchan)も、ありがとです〜(*´▽`*)ノ
       ↓
DSCN4522a.jpg
DSCN4523a.jpg
DSCN4525a.jpg

こちらのオポハニちゃん、接着剤不要で作っております。
まだまだ、微調整は必要だったりしますが、
ちょっと根気はいりますが、シンプルにできてますので、
アレンジなどして、楽しんでいただけると、嬉しいです(*´▽`*)ノ


使用しているのは、サークル型のボードで作ってます。
(やり方は、スクエアでも、スターでもハートでも、作り方は基本同じです)


●髪の毛の部分です
DSCN4512a.jpg
DSCN4513a.jpg
 ちなみに、パーツに穴をあけ損ねても、後ではさみを使って無理やり開けることもできますw
ミニフューズビーズは、ソフトタイプなのでいざとなれば、修正もやりやすいです!( *´艸`)
 *でも、できるなら、きれいに仕上げたいと思うのが常なので、本番はきちんと修正なしでつくりあげたいものですね〜♪


●手です。
DSCN4514a.jpg
 重ねて、プチッとはめ込みます。 これは、内側のほうにしてもいいですね。
はめ込みパーツは、基本長めに作って、だいたい、合わせて切ってます。


●本体です
DSCN4521.JPG
地味に、一つ一つ作っていきます。
この時に、手の部分や、髪の毛の部分を開けておくのをわすれないでください。
と、いいつつも、後で、はさみを使って切ることもできるので、
気にせず、ガンガン作ってください!(^−^)b

*ちなみに、このパーツ、間違っているところが多々あります・・・(;´∀`)あああ


●本体はめこみパーツ
DSCN4515a.jpg
このはめ込みパーツも長めに作ってます。
胴体部分のはめ込みパーツと、
頭の方のはめ込みパーツです。

これを、はめ込んで、本体に刺すと、
オポハニちゃんになります。

と、いうことで、


こんな感じです〜


DSCN4543a.jpg
パーツをこんな感じに作っていきます!

DSCN4548a.jpg
これは、底などにする部分ですね!

DSCN4549a.jpg
簡単に、こんなパーツで説明します。

DSCN4550a.jpg
一つ目、ギュッと、はめ込みます。

そして、縦に、2枚、3枚とはめ重ね込んでいきます。

DSCN4551a.jpg
これは、2か所はめ込みを作っていたので、
両方しっかりはめ込みました。

はみ出しても大丈夫ですよ〜!(あとで、折って切っちゃえば大丈夫です!)

DSCN4553a.jpg
底をギュッっとはめ込みます。

ビーズが、ソフトタイプなので、やさしくはめ込んでみてください。

DSCN4555a.jpg
DSCN4554a.jpg
こんな感じでできあがります。
でっぱり部分は、折って切ってください。


こんな感じで、作れちゃいます。

この作り方は、あくまでも、ソフトタイプ(柔軟性のある)のミニフューズビーズで有効な作り方です。

私が使っているミニフューズビーズは→「ピクセルピコ」http://pixelpico.net/)にて、購入できます。


5ミリタイプのおもちゃ屋さんなどで売ってある、ハードタイプのアイロンビーズで作る場合は、

定かではありませんが、固すぎて、このやり方よりも、

パチッパチッと凹凸を利用して細かく組んでいくタイプのほうが、いいと思います。

パチ、パチと組んでいくのも気持ちがいいのですが、

固すぎない、修正がきく、このフューズビーズタイプがお気に入りだったりします。


柔らかいために、力を入れすぎて、割れたりすることもあると思います。

慣れた方だと、その部分だけ切り取って、新しいビーズを入れてアイロンをかけなおすというやり方もできますが、

自分で使ったり、家で飾ったりする分だったら、(売り物だったら、作り直さなくてはいけないでしょうが)
(接着剤使うのが邪道だ!! と、思われる方以外だったら、爪楊枝など細いものを使って、ちょっと接着剤を付けて、パーツを修理してもいいと思います。)

*接着剤は、プラスチック用ボンドがいいですよ。そうしないと、引っ付きませんよ。


とにかく、一つ作り上げてみるのがおすすめです!

アイロンを均一にかけるのが苦手な人も、少々圧をかけすぎて薄くなっても、神経質にならなくても大丈夫!
圧をかけすぎたら、ちょっと高さが低くなるだけですからw(*´▽`*)気にしな〜い♪

組むのがめんどうだったら、接着剤でバッチリがっちり!くっつけるのもありだと思うのです。(^−^)b

ご自分が作り上げやすい方法で、
アイロンビーズ楽しんでみるのがおすすめでございます。


この方法はビーズがそこそこいりますが、根気があれば、だれでもできます!

いろいろ工夫して、楽しまれてみてくださいませ〜(*´▽`*)ノ


では、今回のアイロンビーズ講座???(;´∀`)雑すぎる・・・

終わりにしたいと思います。

最後までありがとうございました。

素敵なドット絵の製作者さま、 紅音屋本舗さん元キャラのオポナカちゃんhttps://twitter.com/OPONAKAchan)も、心から感謝。ありがとうございます。


ミニフューズビーズを販売してくださっている、「ピクセルピコ」http://pixelpico.net/にも、感謝。
いつも、ありがとうございます。


サイトに行っていただけるとわかるのですが、「ピクセルピコ」http://pixelpico.net/)オリジナルキットが、11月28日より販売開始となります。(2種類)
小さいソフトタイプのアイロンビーズが気になられた方は、ぜひ、ご覧になってみてはどうでしょうか?


個人的に楽しみにしていたキットなので、買うと思いますが、私の場合は、ミニフューズビーズの少なくなっているビーズも一緒に注文することになると思うので、ちょっと、落ち着いた頃がいいかな? とは、思ってます。( *´艸`)たのしみ、嬉しいなぁ〜♪


みなさま、長いことお付き合い、ありがとうございました〜<(_ _)>

日々、モノづくり、楽しまれてくださいね〜(*´▽`*)ノ お元気で〜♪










==おまけ ちょっとだけ猫ズ==

DSCN4511a.jpg
DSCN2257a.jpg

いつも、猫ズすきすきみなさんも、ありがとです〜(*´▽`*)ノ 次の機会までお元気で〜♪

P.S 展望台やっといつもの箱が空いたので、貼り換えましたwww
posted by しばシマイ at 20:10| Comment(6) | TrackBack(0) | 工作 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。